副店長ブログ 本棚

水野勝成 血槍三代 全3巻読んでみました|早乙女貢著

この本を選んだ理由

刈谷城へ行った際、隣接の刈谷市歴史博物館で興味を持った水野勝成。
愛知の作家でもある、宮城谷昌光さんが、この本を読むのが勝成を知るには良い本だと仰っていました。
好きな作家さんの言うことを、素直にきいてみました。

青春篇

血槍三代 早乙女貢

『血槍三代 青春篇』早乙女貢著

『血槍三代』青春篇 早乙女貢著

三河刈屋の城主の嫡男・水野藤十郎勝成は、鉄砲の名手・孫六と城を出奔、戦乱の京へ向かった。
石田三成、舞女・お国ら多彩な人物と掛り合う中で、不思議な老人の片鎌の槍を貰い受けたことから、数奇な運命の糸に絡まれ、漂泊の旅が始まる…。
おのれの腕と力量を頼りに、戦国山野を逞しく生きる豪放無頼の青春を描く異色時代小説。

感想

藤十郎勝成…激しい生き方だけど、筋が通っていて魅力あります。
まぁ、女性の数も尋常じゃないですけどね。
それだけ、人間的にも魅力的な人だったということでしょうか。
刈谷に、こんな熱い人物が居たことを知れて、何か得した気分。

愛欲篇

血槍三代 早乙女貢

『血槍三代 愛欲篇』早乙女貢著

『血槍三代』愛欲篇 早乙女貢著

城主の嫡子の座を捨てた藤十郎勝成は、片鎌槍の行方を追い九州へ渡った。
肥後の新領主となった成政と再会するが、折りしも地侍一揆の真っ最中であった。
背後で操る黒幕の卑劣な権謀術数を知り、藤十郎の槍はうなりをたてた…。
己れの腕一本、槍一筋に人生を賭け、”男道”を貫く無頼の徒の生きざまを、女人たちとの濃艷な愛欲模様も彩りをそえて描く第二部!

感想

史実とフィクションの境が全く分からず読んでいましたけど、ストーリー展開は気持ちが良いほど引き込まれます。
藤十郎の手にかかれば、女忍から敵方の姫まで、落とせないことはない⁉︎
いろんな意味で凄い人です。

風雲篇

血槍三代 早乙女貢

『血槍三代 風雲篇』早乙女貢著

『血槍三代』風雲篇 早乙女貢著

時は、本能寺の変から秀吉の全国統一へと大きく移り変わっていった。
無頼大名と呼ばれ、女人を愛し槍一筋に生きながら、流浪の旅を続ける水野藤十郎勝成も、自ら求めた”男道”が何辺にあるかの結論を出す時がきた。
多彩な人物と波瀾に豊んだ時代を背景に描く大河小説の完結編。

感想

あの藤十郎でも、ついに落とせない女がいた!
ま、それはさておき、長くて濃い放浪の旅だった。
でもあんな終わり方あり?(いい意味で)
藤十郎ロスに陥りそう。
勝成に会いに、福山城にも行ってみたくなりました。
(本書では福山城は一切描かれておりません)

-副店長ブログ, 本棚

© 2021 ディライト・グッズ