城・史跡をあるく 岐阜県の城 続・日本100名城

大垣城 続日本100名城No.144 岐阜県の城

2018年12月13日

関ヶ原の戦い前日~当日

杭瀬川の戦い

1600年にあった関ヶ原の戦い。
大垣城は西軍・石田三成の本拠地にもなっています。
関ヶ原の戦い前日の杭瀬川(くいせがわ)の戦いの時点では、西軍の快勝でした。
その様子を、城内資料館でジオラマやパネル等で学ぶことができます。
(このジオラマはなかなかの見応えがありました)
そして関ヶ原の戦いにどう発展していったのか、また関ヶ原の戦いの一部始終が、分かりやすい映像でも知ることができます。
(三成目線、家康目線で構成された映像もあったりします)
私達は、閉館1時間位前に入り、時間的に全部観ることができず残念でした。
じっくり観られる場合は、時間に余裕をもってお出かけされることをオススメします。
入城料100円。それ以上の価値が十分にある資料館でした。

かつての大垣城

杭瀬川の戦いでは西軍の快勝でしたが、西軍本隊が関ヶ原へ移動した後は、大垣城は東軍に包囲され、三日間の激しい籠城戦の後、落城しました。

その大垣城も、1945年(昭和20年)7月29日の大垣空襲により焼失しています。

お城入り口のパネルに写っていた、焼失前の大垣城。
石垣は美濃赤坂の金生山から切り出した石灰岩でできており、一部の石垣は化石を見ることができます。

地形図

お城情報

名称

大垣城(おおがきじょう)

別名

巨鹿城(きょろくじょう)、麋城(びじょう)

城地種類

平城

所在地

〒503-0887 岐阜県大垣市郭町2-52

電話

0584-74-7875

開城時間

9:00~17:00

休城日

12月29日~1月3日

入城料

一般100円(高校生以下は無料)、団体20名以上50円

スタンプ設置場所

大垣城天守内

アクセス

JR東海道本線「大垣」駅南口から南へ徒歩約7分

私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

-城・史跡をあるく, 岐阜県の城, 続・日本100名城
-, ,

© 2021 ディライト・グッズ