三重県の城 城・史跡をあるく 続・日本100名城

田丸城 続日本100名城 No.154 三重県の城

2019年1月20日

2019年1月19日~20日に、三重県の伊勢鳥羽へ行ってきました。
城巡りの前に、御札をもらいに、伊勢神宮の外宮と内宮へ参拝。
食いしん坊の私は、いつも駐車場から”おかげ横丁”を通って向かうのですが、今回は、”五十鈴川”沿いに歩いて向かいました。
その水が綺麗で幻想的で。
たまにはルートを変えるのもアリですね♪

迫力満点の石垣 田丸城跡

「1336年の南北朝時代の北畠氏から始まり、田丸氏、織田信長の二男(信雄)、藤堂高虎、久野氏などが主な城主。
中世城郭と近世城郭の遺構を併せ持ち、様々な石積の石垣が見られる」そうです。
中世と近世?
遺構を併せ持った?
まぁ細かいことはわかりませんが、とにかく古い城跡のようです。

見学記録

上の地図の赤い点線を、私達は歩きました。
そこで撮った写真を順を追って紹介します。

(1) 富士見門

明治から残ってる富士見門。
なんだか味があります。
道を挟んだ向かい側には、蓮池跡。

ここも夏には、蓮の花が咲くのかな。

(2) 三の丸跡

玉城中学校前の駐車場に、数台停められます。
教育委員会が出しているパンフレットでは、中学校の駐車場もPマークがあったから、もしかしてそっちも停めていいのかな?
ちなみに私達が行った1月の土曜の学校前駐車場は、私達の車一台だけでした♪

玉城中学校は三の丸跡。
城跡で勉強できるって、貴重な体験ですね。
私がここの学生なら絶対自慢しちゃうな。

(3) 本丸虎口

本丸虎口を抜けると、

石垣ドドーン

石垣映え☆

向こうに見える白い物体は一体 (・・?
天守閣はないって聞いてたけど?

石垣にイルミネーションの線が…昼間は残念な感じが否めない。

ゴツゴツ味のある石垣。
石に話しかけたくなります。

(4) 北の丸跡(城山稲荷神社)

鳥居がズラッと並んでいました。
(ご利益あるかな)下心隠しつつ、とりあえずお参り。

(5) 天守跡 本丸へ

さっき、遠くから見えた白い物体の正体。

模擬天守工事中?

裏から見ると、足場。
(これから工事でも始まるのか?こりゃネタになるな)と思っていたら、
店長「イルミネーション用の箱だな」
な~んだそういうことか。

店長「ねぇねぇちょっと来て。あれ見て」と、指差す先には長いはしご。
店長「簡単に侵入できるね」と、嬉しそう。
男はいくつになっても、心は少年である。

のどかな眺め。心が和みます。(カッコン)

ふと、脇の記念樹へ目をやると、小和田大先生の名前が!
講演記念に植樹したようです。
へ?1月なのに花が咲いてる?

と思った花は、イルミネーション。(・∀・;)

1月いっぱい、イルミネーションされてるみたい。
夜は、どんな感じなのかいろんな意味で気になるわ。

(6) 二の丸跡

本丸跡をぬけ二の丸跡へ。この抜け感!(は是非現地で)

遠目から見た二の丸跡。結構な高さです。

近くから見た二の丸跡。

中学校のグラウンドが一望。
野球部の元気な掛け声。
カキ~ン カキ~ン
青春っていいなぁとしばしふける。

下を見ると・・・ヒャァ~ッ

何かの碑。はて?
ところどころ解説案内板があるといいのになぁ。

(7) 富士見台跡

これが野面積みかぁ。(と帰ってから知った私。)
「大小の自然の石を積み上げた、原始的な石垣で。隙間やデコボコがあるため、敵に登られやすいという欠点はあるものの、排水の面では優れ頑丈。」なのだそう。

荒々しさが何となくブルッときた。

目を離すと、すぐどこかに行っちゃう店長。

(8) 二の丸虎口跡

↑ 続日本100名城公式ガイドブックにも、このショットが載ってたので、ココ写真スポットです。

店長「ん?石垣が崩れた跡か?木もずり落ちているような。」
(なるほど~。そういう見方があるのか。斜めに立ってこの木の踏ん張り具合凄いなと私。視点をもう少し変えねば。ちょっと恥ずかしい…)

確かに大きな石もゴロゴロとしてるわね。

再びスタート地点へ

中学校の門柱は、旧田丸実業女学校(1929年当時)の校門に使われていたものでそうです。
今が2019年なので、およそ90年前のものですね。

(ス) スタンプ設置場所(村山龍平記念館)

玉城町役場の道を挟んだ向かい側に、スタンプ設置場所があります。
村山龍平記念館です。

バスで行かれる方は、ここで降りるとスムーズですね。

1時間に一本あるかないかですので、帰り時間要チェックです。

(9) 大手門橋

つがいの鴨がいました。

仲良しで、かわいいカップル。

(10) 四季折々の表情


こちらの内堀では、蓮の花が見られるそうです。
(7月~8月の午前中が見頃)
※夏場は城内に草が生い茂るようなので、虫よけされると安心ですね。


梅(2月~3月)


桜(3月下旬~4月上旬)
ライトアップ(桜の開花時期:日没~22:00)

季節ごとに、違った自然を楽しめそうです。

これから行かれる方、気をつけて!

実は今回、田丸城へ行く際に、鳥羽市の田丸城跡の方へ行ってしまいました。
そちらにはもちろんスタンプ設置場所はありませんので、お間違いなきよう。

それにしても『田丸城』で検索しようとして、グーグルマップでトップに出てくるのはいただけない。
早速グーグルさんに、間違いをお知らせしておきました。(店長が)
私達と同じ過ちをする人がいなくなりますように・・・

この鳥羽市の田丸城跡は、正式には『田城城跡』らしいです。
九鬼家の居城だったんですね。
これもある意味、面白い出会いとなりました。

そして今回もやってしまいました。(汗)
スタンプを先にもらって、そこで資料を確保してから城廻りをすると決めた筈なのに・・・。
城巡り新参者の私はいつも感覚任せ。
反省反省。
次回は覚えていよう。

地形図

お城情報

名称

田丸城(たまるじょう)

別名

玉丸城(たままるじょう)

城地種類

平山城

築城年代

延元元年(建武3年・1336年)

築城者

北畠親房

主な城主

織田氏
田丸氏
稲葉氏
久野氏

所在地

〒519-0415 三重県度会郡玉城町田丸

電話

0596-58-8212(玉城町教育委員会)

開城時間・休城日

該当なし

入城料

無料

スタンプ設置場所

村山龍平記念館
(平日9:00~19:00、土日祝9:00~16:30、休業日:年末年始、特別展示の前)

アクセス・駐車場

JR参宮線「田丸」駅から徒歩約10分

私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

-三重県の城, 城・史跡をあるく, 続・日本100名城
-,

© 2021 ディライト・グッズ