城・史跡をあるく 岐阜県の城

墨俣城 幻の一夜城 岐阜県の城

2019年2月18日

秀吉の城 墨俣城へ

2019年2月10日(日)
秀吉は、この城を一夜で?
いくら秀吉さんでも、ほんとにこれ一晩で?
全く信じていない私。
その真相を確かめに、墨俣城へ行ってきました。

墨俣城 豊臣秀吉

太閤出世橋

墨俣城 豊臣秀吉

ご利益がありそうなので、噛み締めながら出世橋。

墨俣城 豊臣秀吉

入り口の碑。
堂々たる一夜城の文字が刻まれています。

墨俣城 豊臣秀吉

城内入ってすぐ右側に、受付がありました。

城内は5階建ての資料館

墨俣城 豊臣秀吉

1階 郷土展示室 『墨俣の歴史』
2階 常設展示室 『墨俣築城之巻』
3階 常設展示室 『立身出世之巻』
4階 墨俣ギャラリー室 『私の一夜城』
5階 展望室   『絶景墨俣』

墨俣城 豊臣秀吉

墨俣の昔の町並みのジオラマ。
ドラえもんのスモールライト当ててもらって、ジオラマの世界に入っていきたい。
せめてVRとかで、そういうのできたら面白そう。

墨俣城 豊臣秀吉

パネルや音声案内で、学ぶ気持ちがあればじっくり学べます。

墨俣城 豊臣秀吉

甲冑にちょっとビックリしたりして…

墨俣城 豊臣秀吉

動画で墨俣築城の過程が見られました。
歴史超初心者の私でも、楽しく見ることができました♪
川の流れを利用して、木材を運んだんですね。
考えますね~。

墨俣城 豊臣秀吉

↑これ何のジオラマでしょうか。

墨俣城 豊臣秀吉

秀吉さんと言えば『ひょうたん』。
そういえば、映画「プリンセス・トヨトミ」で、ひょうたん一杯出てきました。
ひょうたんがシンボルマークなのかな。

最上階で驚きの事実

墨俣城 豊臣秀吉

さぁてお待ちかねの、展望室だよ!
今日は日曜だからか、市の案内人の方がみえました。
内心いろんなこと聞きたいんですよ…本当は
でも超小心者の私は、目を合わさないように眺めに没頭・・・損な性格ですわ

墨俣城 豊臣秀吉

ほほ~!実際いい眺め。
雄大な川の向こうには、あの岐阜城が。

墨俣城 豊臣秀吉

ふと気付くと、案内人のオジサマと、うちの店長が話してる。
こっそり聞き耳立てるわたし。
(へ~。この大きな川は、昔はなかったのかぁ。
岐阜城の動向を、ここで見張ってたのかぁ。)

墨俣城 豊臣秀吉

墨俣城 豊臣秀吉

この中州は水災害がひどいから、こうして人工的に排水の川を昭和の時代から?作っているのだとか。
すごい長期戦。

墨俣城 豊臣秀吉

あ!停めてる車が見えた。
なんか嬉しい。

墨俣城 豊臣秀吉

上空から見た、墨俣城のパネル。
川が広がってることが分かります。

墨俣城 豊臣秀吉

川沿いの工事も今年2019年3月末には、完成なんですね。
今年の春に、もう一度来たくなりました。

墨俣城 豊臣秀吉

店長が、墨俣城はどの辺りまでが範囲だったのか、案内のオジサマに聞いてます。
身振り手振りであの辺くらいまで、と教えてくれました。
オジサマ 「天守閣があったわけじゃないから」

(ん!?今なんて?空耳か?)

わたし 「天守閣が?ん?」

オジサマ 「この天守閣は大垣城を真似して作った架空のものですね。普通に考えて一日で天守閣まで作るのは不可能ですよ~。ハハハ。要は砦を作ったということなんだけれども、厳密に言うと、それも一晩で造った訳でもないんですよね」

(え?え?エ~~~~~~~~~!!)

お城、建ってなかったんだぁ。
わたしフィルター越しの会話内容なので若干間違いも否めませんが。
そういうことかぁ。
さっき見た”これ何だジオラマ”も、ここでつながった、わたしなのでした。

可愛らしい雛飾り

墨俣城 豊臣秀吉

2月に行ったということもあり、城内には雛飾りが、いたるところにありました。

墨俣城 豊臣秀吉

おひなさん、いいですね~。
華やか~。

墨俣城 豊臣秀吉

こちらは、1階受付にあった”つるし雛”。
グラデーションで綺麗!
下から撮ってみました♪

お城の敷地内 みどころ

墨俣城 豊臣秀吉

ひょうたんに、お願いごと。
城内受付で買えるようです。

墨俣城 豊臣秀吉

『出世ひょうたん』

「豊臣秀吉公は、千成びょうたんを馬印に、次々と手柄を立て、天下人の地位を手に入れました。
その秀吉公が、出世の足掛かりとした一夜城址でトントン拍子出世にあやかり、家内安全・無病息災・学業成就などの様々な願いを、ひょうたんに託してみませんか。

空きの”すのまた秀吉出世まつり”(10月)の薪能の際に、このひょうたんは、かがり火となり、あなたの願いは炎と共に天に届き、念願がかなうでしょう。」

あなたの願い事は、なんですか?

墨俣城 豊臣秀吉

『太閤秀吉 出世の泉」
お水、触っとけば良かったかなぁ。

墨俣城 豊臣秀吉

(右の小さな案内板より)
『藤吉郎の馬柵』

永禄9年(1566年)9月
墨俣築城において斎藤勢の騎馬を防ぐため、地上高さ一間、地中三尺、松桧材使用藤づる二重巻きにて結び、城の周囲の二重に柵総数延長千八百間をめぐらした。(前野文書より)

墨俣城 豊臣秀吉

皇太子殿下、皇太子妃殿下 お立寄り記念
平成7年4月27日

墨俣城 豊臣秀吉

「日のもとに またから国も でに入るる ゆたかなる世の はるにあふかな」
(日本国に又唐国(今の中国)も手の中におさめて豊かな話が世の春にいきておる)という意味

秀吉全盛期の歌だそうです。
原本は、京都市豊国神社宝物殿所蔵。

墨俣城 豊臣秀吉

豊国神社。
出世の神様に、お願い。
あれ?わたしの出世ってなんだ?
店長になることか?
まだまだ店長の影で、ひっそりがんばっていたいわたし・・・。
出世欲は0なのに、よく分からないミーハー欲は無限大。

墨俣城 豊臣秀吉

すのまた「歴史探訪」ガイドマップ

360度パノラマ写真

地形図

お城情報

名称

墨俣城(すのまたじょう)

城地種類

平城

築城年代

永禄9年(1566年)

築城者

木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)

主な城主

木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)

所在地

〒503-0102 岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1

電話

0584-62-3322(城内 大垣市墨俣歴史資料館)

開城時間

9:00~17:00
(入城受付は16:30まで)

休城日

休業日月曜日(祝日のときはその翌日)
祝日の翌日
年末年始(12/29~1/3)

入場料

一般200円
18歳未満無料
団体20名以上150円

アクセス・駐車場

無料駐車場あり(出世橋入り口)、(さい川さくら公園)←私達はここに停めました
JR東海「穂積駅」から徒歩45分
名阪近鉄バス「墨俣」バス停から徒歩12分

さい川さくら公園

墨俣城 豊臣秀吉

案内の看板見っけ♪

墨俣城 豊臣秀吉

この駐車場は一体何台停められるのでしょうか。
こんな広い無料駐車場、ありがたいですね。
17:30に施錠されるみたいです。
そこだけ気をつけてくださいね。

墨俣城 豊臣秀吉

川沿い工事の詳細看板。
今年の春、お弁当持ってここで花見とかいいなぁ~。
と考えていたら、3/29まで工事?
桜とどっちが早いかな?

墨俣城 豊臣秀吉

あるいて5分くらいかな。

出世橋入り口

墨俣城 豊臣秀吉

出世橋入口の駐車場が一番近いと思います。
が、いっぱいで停められませんでした。

※私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

-城・史跡をあるく, 岐阜県の城
-,

© 2021 ディライト・グッズ