城・史跡をあるく 愛知県の城・史跡

平田城 愛知県の城

2019年3月15日

見学記録

平田城 

平田城跡

このあたりに、かつて平田城という城があったが、今では城内にあったと伝えられる古井戸だけが残されている。
かつてこの一帯はは平田村で、村の北東を※岩倉街道が通っていた。
織田信長時代の城主は「張州府志」に平田伊豆守とあり、また、「尾張徇行記(おわりじゅんこうき)」には、村人が平田和泉守と言っていると記されている。
城の規模は、砦かまたは大きな武家屋敷であったと思われる。
(名古屋市教育委員会)

↓※岩倉街道

岩倉街道

岩倉街道:現在の清須市から犬山市までを結んだ街道のようです。
ツカサ美容院前の通りが、そうです。

平田城 

個人宅の敷地内に、案内板が立っていました。
井戸は、ぱっと見ただけではどこにあるのか分からず。
いつかご近所さんとお話する機会があったら、聞いてみたいと思います。

平田氏の菩提寺 平田寺(へいでんじ)

愛知県北名古屋市九之坪宮前6
九之坪城から平田城へ歩く道中に、平田氏の菩提寺、平田寺さんを見つけました。

平田寺

名鉄犬山線沿線に建っていました。

平田寺

十所神社(じっしょじんじゃ)

平田城址から、北に歩いて3分。
なかなか立派な十所神社というところがありました。


十所神社

国府宮のはだか祭の関係で、たくさんの企業や個人の名が連なっていました。

十所神社

お参りして、左側にある大木が気になり、そちらの方へ。

十所神社

ご神木として、祀られていました。

十所神社

『ご神木』
ふるさと平田のパワースポット
十所神社の大楠

十所神社の大楠は、皇妃2600年(西暦1935年)をお祝いする記念樹として植えられました。
たくましい成長があり、今では平田でもっとも大きく平田の総宮である十所神社の主木にふさわしい大木になりました。
木は森をつくり生き物を育みます。
人にとって木、森との共存、共生は不可欠です。
十所神社の森は決して大きな森ではありませんが、ふるさと平田の風土にあった落葉樹・常緑の広葉樹があり、神社を訪れる私たちに、しばしの安らぎ、生きる力を与えてくれます。
私たち日本人は古来より、神様を祀る社だけでなく取り囲む自然、境内の木々にも、神が宿ると考えそれを救い、鎮守の森として大切にして参りました。
西洋をはじめ他の国には例をみないすばらしい考えです。
十所神社の木々の中でも、ご神木の大楠には、神々しい生命力・神秘の力が宿っています。
そっと耳をあてると、なにかご神木の鼓動が聴こえパワーが頂ける気がします。
(十所神社)

城町(しろまち)

平田城のある地域で、平田城にちなんで城町という地名が残っています。
町のあちらこちらに、先祖を大切にし、歴史を感じる場所がありました。

平田城 

名古屋市西区 平田城付近

地形図

お城情報

名称

平田城(ひらたじょう)

城地種類

平城

築城年代

不明

主な城主

平田源左衛門 平田和泉守 平田伊豆守
いずれも定かではないが、菩提寺の平田寺では平田和泉守と記録があるとのこと。

所在地

〒452-0842 愛知県名古屋市西区城町
名古屋市西区城町74(文の家デイサービスの裏手)

開城時間・休城日・入城料

該当なし(解説板と井戸のみ)
私有地内にあるため、配慮が必要ですね。

アクセス・駐車場

名鉄犬山線「上小田井駅」から徒歩約15分
住宅街のため、駐車場はありません

※私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

-城・史跡をあるく, 愛知県の城・史跡
-,

© 2021 ディライト・グッズ