城・史跡をあるく 愛知県の城・史跡

鷲津砦跡・丸根砦跡(桶狭間合戦) 愛知県の城

2019年5月16日

見学記録

2019年4月20日(土)
大高城の付城(攻撃の拠点として敵城の近くに築いた城)として有名な、鷲津砦跡と丸根砦跡を見てきました。
毎日文化センター主催の、『古城巡り教室』に参加。
引率講師は、戦国史跡ナビゲーター七種英康(さいくさひでやす)先生です。

鷲津砦

鷲津砦

今は公園となっている鷲津砦。
鷲津砦

七種先生曰く、実際に砦があったのはこの公園内ではなく、もう少し北側に位置していたのではないかとの見解でした。
研究されている方のそういう話、なんだかゾクゾクしてしまいます。鷲津砦

案内図

鷲津砦は、永禄2年(1559年)織田信長が大高城の今川勢を牽制するために丸根砦とともに築いた砦であり、大高城と丸根砦との三角形の位置にある。
また、今川方に寝返っていた鳴海城と大高城を結ぶ交通路を押さえる位置にあたり、規模は東西25m,南北27mあったと言われている。
永禄3年(1560年)5月19日、桶狭間の戦いの緒戦には、飯尾定宗らが立てこもり、今川の重臣朝比奈泰能の軍勢に攻め立てられて全滅したと言われている。
昭和13年に鷲津砦跡、丸根砦跡、大高城跡は国の史跡に指定された。

鷲津砦

少しだけ急ですが、ゆっくり行けば大丈夫。
鷲津砦

鷲津砦

↓堀の跡が残っています。
今回の砦巡りの中で、一番のお気に入りショットです。鷲津砦

鷲津砦

鷲津砦

ところどころに案内や地図があるのも、安心しますね。鷲津砦

登りきった先の公園横にも、案内板がありました。
さぁ、お次は丸根。

丸根砦

鷲津砦から歩いて約10分。
その距離感と高低差、ぜひ体感してみてください。丸根砦

橋の名は、丸根橋。
丸根砦

小高いところあるのが、よくわかります。
みかんが転がったら取りに行くの大変だなぁ~なんて考えていると…丸根砦

丸根砦へ到着。
丸根砦

丸根砦

丸根砦跡

大高城が今川義元の手に落ちたあと、織田信長によって大高城を包囲するように築かれた砦の一つで、永禄2年(1559年)。大高城の東側約800m,鳴海から延びる丘陵の先端に築かれた。

当時の今川方の基地である豊明の沓掛城から大高城への支援路を見下ろす位置にあり、現況は東西36m、南北28mの砦の周囲に幅3.6mの外堀をめぐらしている。

桶狭間の戦いのときには、佐久間盛重を将とした織田方が立てこもったが、大高城の兵糧入れを命ぜられた松平元康(徳川家康)が鉄砲を用いて攻撃し、激戦の後守備側は全滅したといわれる。

大高城跡とともに昭和13年国の指定史跡とされている。
現在砦跡には、「丸根砦跡」の碑石が立つ。
(名古屋市教育委員会)

丸根砦

『丸根砦戦殉難烈士之碑』と刻まれています。丸根砦

『丸根砦阯』
丸根砦

更に登ってきた方とは反対に降りていくと、こちらにも解説板が。丸根砦

砦の外周小径を歩き、帰路につきました。丸根砦

とりで情報

名称

鷲津砦跡(わしづとりで)

城地種類

平山城

地形図

築城年代

永禄2年(1559年)翌年廃城

築城者

織田信長

主将

織田信平、飯尾定宗

遺構

堀、土塁

所在地

〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町鷲津山

開城時間・休城日・入城料

該当なし(石碑のみのため)

アクセス・駐車場

【電車】:JR大高駅より東へ徒歩約3分

※私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

鷲津砦跡

名称

丸根砦跡(まるねとりで)

城地種類

平山城

地形図

築城年代

永禄2年(1559年)翌年廃城

築城者

織田信長

主将

佐久間大学盛重

遺構

堀、曲輪

所在地

〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町丸根16

開城時間・休城日・入城料

該当なし(石碑のみのため)

アクセス・駐車場

【電車】:JR大高駅より南東へ徒歩約10分

※私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

丸根砦跡

-城・史跡をあるく, 愛知県の城・史跡
-,

© 2021 ディライト・グッズ