当店の商品は、楽天市場店よりお買い求めいただけます。 ディライト・グッズ楽天市場店

桶狭間の戦い―今川義元の死二日前に立ち寄ったとされる知立三城界隈を歩いてみた―|愛知県知立市

織田信長と今川義元の戦い、桶狭間合戦。
桶狭間で亡くなる二日前の5月17日、義元は愛知県知立ちりゅう市へ侵攻したんだとか。
知立城、牛田城、今崎城の三城。
恥ずかしながら、知立市は「あんまき」と「かきつばた」の印象しかなかった私ですが、戦国時代だけでなく、様々な時代の歴史が色濃く残っていることは想像もしていませんでした。

目次

見学記録

出発は名鉄知立ちりゅう駅。
学生時代よく利用した駅なので、開発中の駅に驚き。
2~30年でこんなに変化していくのに、何百年も前の歴史と出会えるなんて、何だか奇跡にも近いような気がしてきます。

知立駅から徒歩5分。
リリオ・コンサートホールの旧東海道が通る交差点。

北西へ進むと、刈谷道かりやみちという信号機がありました。
これは、あの水野家の刈谷城へ続く道なのだそう。

知立城

かつて、知立城のあった場所は、公園になっていました。
もとは、知立神社の神主である永見氏の居城。

総持寺(長勝院 於万の方生誕地)

於万おまんの方は、家康との間に生まれた結城秀康ゆうきひでやすのお母さん。
その方の誕生した地ということで、石碑がありました。

牛田城

場所は変わり、知立駅から一駅離れた牛田うしだ駅周辺。
アパート名にもあるように、ここはまさに丘。
周辺より、少し小高いところに位置しています。

よくわかる高低差

牛田城跡

そんな小高いところに、牛田城の跡がありました。

牛田城阯

川や崖っぷちの高低差を利用して、正に天然の要塞。

猿渡川

かつては、この道のずっと奥の方まで、川幅があったようなのです。
少し低くなっていたので、なんとなく想像できました。
それにしても、かなり大きな川だったんですね。

猿渡川は、猿が渡った伝説から名付けられたのだとか。
近隣の工場の入り口にも、門番のお猿がいました。

今崎城阯(来迎寺古城)

地図で確認してみると、ありました。
古城、足軽、的場などなど。

さむらい塚

来迎寺内の、向かって右手方向に裏道へ続く通路がありました。
そこから、墓地や来迎寺小学校の校庭沿いに歩いて行くと、畑の中にこんもり高い場所が見えてきます。

上がってみると、石碑がありました。

桶狭間合戦は織田方の勝利ではあるものの、その影にはこうして幾つもの命が消えていったんですね…。
次項では、周辺の史跡を紹介します。

1 2
ディライト・グッズ楽天市場店
知立古城の古地図絵

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

歴史初心者だからこそ気になるポイント、初めて出会う感動、少しずつ理解が深まる喜びなんかを、私目線で気ままにつぶやいてます♪

三河生まれ尾張在住
好きなことばは『三河武士』
ディライト・グッズ副店長 & Web屋助手やってます

目次
閉じる