当店の商品は、楽天市場店よりお買い求めいただけます。 ディライト・グッズ楽天市場店

桶狭間の戦い―今川義元の死二日前に立ち寄ったとされる知立三城界隈を歩いてみた―|愛知県知立市

目次

周辺の史跡

鎌倉街道

東海道が出来る前の道、鎌倉街道。
いざ、鎌倉~!

在原寺ざいげんじ

時は平安、雪平(行平)鍋で有名な在原行平の弟、在原業平なりひらゆかりの地。

歴史マップもあり、散策しやすのは嬉しいですね。
案内板にもあったように、ここから西方に300mのところに、業平塚があるようです。
行ってみましょう。

根上りの松

業平塚へ行く道中、おもしろい松に遭遇。

桶狭間合戦時に、今川軍が鎌倉街道を進軍したと考えられているらしい。

義元公と同じものを見たのかしら…

業平供養塔(業平塚)

名鉄三河線の線路越しに、業平塚が見えてきました。

石碑には『墓所』と刻まれています。

在原業平朝臣墓所

業平が亡くなったのが平安時代の880年ということですから、亡くなった12年後(892年)にここにお墓を建てられたのですね。
有名な人ほど、お墓の数も増えるとよく聞きますが、この方も幾つもあるようです。
そして、ネット検索すると、業平は希代のプレイボーイであると。
この時代は、歌を詠むのが上手いことも、モテ要素だったんですね。

八橋やつはし伝承地

そして、遠く京都に続く、鎌倉街道。
京都の八橋も素敵だけれど、こちらの八橋もまた味わい深いものがありますね。

夜泣石

八橋古城

今回訪れてはないけれども、よく登場した無量壽寺。
その無量壽寺を守るために築かれたのが、こちらの八橋古城ということらしいです。
民家と駐車場の間に石碑がありますが、隣の公園から入ることができました。

葦香城阯

先に出た今崎城と同時代に築かれたとされる、葦香城の石碑もありました。
しかし、こちらの石碑の葦香城は、ここにあった訳ではないようです。
大正7年(1918年)に三河鉄道(現在の名鉄三河線)の工事の際に出土したものを、こちらに移したようです。

出土した、大量の人骨と五輪塔。
その一部とおぼしき五輪塔が、置かれていました。

雅なマンホール

知立市の市花でもある、かきつばた。

在原業平の歌も刻まれているタイプもありました。
雅で優雅なマンホールにしばし足を止め思いにふける。

知立は、あんまきとかきつばた、そして様々な時代の歴史が眠る、五感を刺激される街でした。

から衣 きつつなれにし つましあれば
はるばるきぬる たびをしぞおもふ

何度も着て身体になじんだ唐衣のように、長年なれ親しんだ妻が都にいるので、
その妻を残し、はるばる来てしまった旅のわびしさを、しみじみと思うことだ。

お城情報

入城料

すべて無料

アクセス・駐車場

知立城・・・公園になっていますが、駐車場はありません
牛田城・・・住宅街にあり、駐車場はありません
今崎城・・・敷地内に来迎寺はありますが、専用駐車場は見受けられません

私たちが見学した時の情報です。
最新情報と異なる可能性がありますので、公式情報等をご確認ください。

1 2
ディライト・グッズ楽天市場店
知立古城の古地図絵

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

歴史初心者だからこそ気になるポイント、初めて出会う感動、少しずつ理解が深まる喜びなんかを、私目線で気ままにつぶやいてます♪

三河生まれ尾張在住
好きなことばは『三河武士』
ディライト・グッズ副店長 & Web屋助手

目次